web予約はこちらから
スタッフブログ

陰部ケアの重要性について~介護脱毛~

こんにちは!

 

どうも、歌舞伎町脱毛サロンエピラージュ代表の看護師荒井春一です。VIO脱毛がどんどん一般的に普及してきていますね!

 

 

私は大学病院で看護師として働いていた経験があるのですが、頃に陰部洗浄、「略して陰洗」を毎日患者さんの清潔ケアとして行っていました。

 

当時は当たり前のようにやっていましたが、今考えると毛がない方がケアが楽だなー、より清潔に保てるなと、シミジミと感じながら過ごしていた次第です…

 

そこで、当時の私と脳内で会話しつつも、脱毛を仕事としてい現在の価値観をふまえ、陰部ケアである、陰部脱毛(VIO脱毛)について考えてみます!

 

陰部ケアにおける3つの問題点

陰部ケアの問題として3つあげると、「見た目」「臭い」「感染」が挙げられます。

 

今後、超高齢社会になることが確実ですが、介護問題の深刻化がさらに加速し、とくに排泄にかかわる介護は介護者の負担が大きいだけではなく、介護される側の羞恥心や精神的負担も少なくありません。

 

すなわち、陰部ケアは介護師、介護される高齢者ともに重要なテーマとなり得ます。見た目については、ある程度我慢ができるかもしれませんが、匂いと感染については「我慢」という一言で終わらせられない問題です。

陰部脱毛(VIO脱毛)をするとなぜ良いのか?

問題点を3つほど挙げましたが、陰部の脱毛をすることでどうなるか、問題にどのようにアプローチできるのかお伝えします。

見た目

見た目としては当然のごとく、つるつるの方が介護師としては精神的な負担が少ないでしょう。たとえば庭の手入れをするとして、草木がが生い茂っていたとしたら草の中に何が潜んでいる下もわからずに、見ただけで不安な気持ちになりますよね?それと同じことが、陰毛にも言えます。

臭い

次に、匂いです。これも庭の手入れと考えてもらうと分かりやすいかもしれません。湿気がたまりますよね。陰部でいうと蒸れるということです。蒸れることに加えて尿や便など排泄物が毛に付着してしまうことで、悪臭が発生してしまうのです。

感染

最後に感染の問題です。陰部を不衛生な状態にしていると、尿路感染症を引き起こしてしまいます。これを防ぐには日頃の洗浄が大切になります。先述しましたが、毛があることで排泄物が付着され落としきれないこともあります。毛が無ければその分、洗浄も楽になり介護する側される側ともに不安を拭い去れるでしょう。

 

老後のために脱毛を

脱毛は恥ずかしい。そのような考えを持っているかたも少なくないと思います。そう思われてるかたは、改めた方が良いでしょう。

 

高齢化社会において、陰部脱毛はほぼ必須とも言えるくらいに重要なことになってきます。もし、ご家族が介護をするとした場合、負担をかけたくないですよね?

 

介護する方、介護される方ともに笑顔で過ごせるように、50代~の方は早めに検討してみてくださいね!

 

 

 

WEB公式サイト
epilage.jp
♪Instagram更新中!
epilage201709
♪Facebook更新中!
https://www.facebook.com/epilage/
♪Twitter更新中!
https://twitter.com/Epilage_store

 

 

 

★エピラージュとは…
新宿歌舞伎町にある、SHR式の機械で最短2週間に1回の施術、待合室のない完全プライベート美容サロン、刺激の少ない脱毛、女性、メンズ、子供のサロンです!

 

5年間大学病院勤務後、4年間美容クリニックで6種類の機械を使い脱毛施術してきた看護師が在住。16000人以上施術してきました。



その方に合わせたモード、出力で施術していきますので早くに効果が現れてきます。
痛みの程度を相談しながらレベルを調節していきますので痛みは最小限です。

 


脱毛では基本できない日焼け肌も照射可能!産毛、白い毛、濃い毛にも反応します。
小児科病棟経験あるため3歳から可能で安心して施術をうけられます!

 


◆友人とでの来店、カップルでの来店歓迎です!
※基本女性は女性スタッフが対応、男性は男性スタッフが対応します。
予約などの問い合わせは電話またはメールでも受け付けております。(お電話でのお問い合わせの方がスムーズです。

 

Web上で×でも
予約できる可能性があります。諦めずにお電話ください。できる限りご希望に沿うように予約をおとりいたします。

 

03-6457-6455
reserve@epilage.jp

 

いつでもお待ちしております!
※混雑のお日にちがありますのでお早めのご予約をお勧めします。