web予約はこちらから
スタッフブログ

VIOの毛はなぜ脱毛をしても無くなりにくいのか?

 

こんにちは!エピラージュの荒井です。

 

人によって個人差もありますが、脱毛をしても無くなりにくい箇所があります。その中の一つにVIOが挙げられます。

 

なぜ、VIOは無くなりにくいのかとというと、いくつか理由があります。今回はその理由についてご説明しいければと思います。

肌の色素が濃いから熱が伝わりにくい

多くの脱毛機は肌の色が濃いと、十分に熱のエネルギーを毛根まで届けることができません。そのため、他の部位とくらべて毛が残りやすくなっております。

 

毛穴が垂直ではない

VIOの毛根は垂直ではないため毛根まで伝わりにくいです。しっかりと押し付けて照射をしたとしても効果を感じられにくくなっております。

 

部位的にデリケートなため出力を上げにくい

VIOについては免疫に極めて近い部位になっています。そのため、トラブル防止の為に出力を上げにくくなっております。弱い出力の施術になると、当然のことながら多くの施術回数が必要となります。

 

形状的に照射漏れが起きやすい

VIOを総じて考えると、他の部位に比べて凹凸がある部位です。そのため、施術者がわの照射漏れが多い部位になっています。ご自身で気になる箇所があれば、通ってるサロン、クリニックに相談しましょう。

 

まとめ

それぞれの毛質や肌の状態も関係していますが、VIOは脱毛をしても毛が残りにくい箇所になっております。

 

早くなくしたいという気持ちはもちろん分かりますが、焦らずに少しずつなくすつもりで施術を受けた方が、気持ち的にも楽でしょう。